先日、家の白熱灯のフィラメントが音を立ててとんだ。

nec_0937
良い機会だったのでエコ電球といわれているものをヨドバシカメラまで買いに行った。
早速、いつものように店員さんを捕まえて説明させてしまった。
エコ電球(電球形蛍光灯)のメリットデメリットは以下の通り。

白熱電球はエネルギーのほとんどを熱で失ってしまうがエコ電球は殆どを明りに出来るため
消費電力が同じ明るさでも小さい(これがエコと呼ばれる理由)
蛍光灯なので白熱灯に比べ室内の気温を上げる事がない。

点灯スピードの遅い、点滅に弱い
 種類によってはスピードが速いものもある
 点灯させてすぐ消す階段の電気には向かない

初期購入費は高いが、トータルコストでは電球形蛍光灯が有利
 白熱灯は100円~200円
 電球形蛍光灯は600円~1000円
 しかし消費電力は白熱電球の1/4~1/5
 長期に使えばコストが低い。

 

消費電力の割合が一番大きいのは
 エアコン(25.2%)
 冷蔵庫(16.1%)
 照明器具(16.1%)
 テレビ(9.9%)
家庭の消費電力を安く抑えたいなら
照明器具を変えるのは十分効果がある。

実際、電球をつけたみた。
物凄く明るいのでビックリしてしまった。

うーん、良い買い物をしたかも~
ヨドバシカメラさんと多慶屋さんは店員さんがいつもちゃんとしていると思う。
昔々、他の電気屋さんでわたしが店員に家電の説明をした事がある。

わたしも自分が商売としているITに関してはスペシャリストでいなければいけないなぁ