日経BPネットさんに非常に興味深いデータがアップされていた。
世代別の動画視聴率を調査したと言うのだ。

29歳以下は約半数が週1時間以上 動画サイト視聴〈日経BPネット〉

消えると嫌なので記事を丸々引用しました。

29歳以下は約半数が週1時間以上
動画サイト視聴

2009年12月1日

 『日経マーケット・アクセス』は毎年、動画サイトや通信回線経由で視聴する動画配信サービスについてのユーザー調査を実施している。
2009年 10月にもインターネットで調査を行い、
パソコンやテレビ、携帯電話機からの動画サイト/サービスの利用時間や利用頻度、視聴する動画のジャンル、
さらに主要サイト(パソコン/テレビ向け36サイト、携帯電話機向け34サイト)の視聴の有無などを調査した。
カーナビとゲーム機からの動画視聴経験や有料コンテンツ利用などについても調べている。

 今回の調査では7209件の有効回答が集まり、
このうち87.0%の人が動画サイトや通信回線を使った動画配信サービスを利用していると回答した。
この比率は前年調査から1.4ポイント増えた。

さらに動画サイトまたは動画配信サービスの利用者の中で
パソコンまたはテレビを使って視聴している人は前年調査から6.6ポイント増えて91.2%に上った。
29歳以下は最も比率が高く、92.2%である。
次いで50歳代の92.0%だった。
w-tv
 利用時間も若年層を中心に増えている。
29歳以下では1週間当たりの視聴時間を「30分?1時間未満」とした視聴者が前年調査から3.7ポイント減となり、
代わりに「1時間~2時間未満」と「2時間~3時間未満」がいずれも1.3ポイント増、
さらに「3時間?4時間未満」が1ポイント増となり、
1時間以上視聴する人が合わせて45.3%を占めた。

できれば
18歳以下も欲しかったし性別も欲しかった。
総務省のようにパソコン・携帯等々の機器別でまとめたらもっと何かが見えてきたかも。

わたしは縁あって、ある会社の広告動画を現在作成している。
このグラフは動画を作るうえで非常に参考になる。

わたしの周りの50代もよく動画を見ている。
50代は動画は見ないということをいう人がいるがわたしはそんなことはないと思う。