自分としては当たり前の事として今までやった事だったのだが
知らない方もいたので書き留めておきます。
パソコンで何か製作物を作るときそれはどこかのフォルダにおかなければなりません。
これをデスクトップ上に置くと一見便利ですがデータが散在し非常にわかりにくいです。
パソコンを買ったらまずする事として
DドライブなければCドライブでも良いです。
作業用ディレクトリを生成します。
わたしの場合は大抵こう名前をつけます。

D:\work_yoshida


ここの配下にプロジェクト単位(作業ジャンル単位)でディレクトリを作ります。
また場合によってはプリンターのドライバーや便利ソフトをダウンロードしてくることもあるでしょう。
このときのダウンロード先もわたしは一箇所にまとめています。

D:\work_yoshida\dl


この下に何のソフトかフォルダに名前を書いて保存します。
例えば、ワードのツールとかプリンター用ドライバー
スクリーンショット用ツール
そのままぽんと保存すると数日後見直したときになんのソフトだか忘れてしまう事が多いからです。

こうしておけばdlのディレクトリをごっそりコピーすれば新パソコンを買ったときでも
またダウンロードをしなくてもすぐにdlの中からインストールが出来るのです。

自分でこうやっていて便利だなと思ったので
ちょっとご紹介ということで