4台体制で使っているせいか、Google日本語入力の良いところも悪いところも見えてきた。
先日紹介した開発版にはまだ変えていない。
というか、少々恐ろしいので正式版が出るまで待つことにする。
Google日本語入力の悪いところはOSを起動する時によく止まることだ。
OSを起動してはじめて日本語入力しようとすると入力できない。
半角英数は問題ない、日本語だけが切り替えて暫くはおかしい。
入力できなくなってからは、何事も無かったように入力出来るようになる。

つい先日、打合せに行って
PCの再起動をする事となり
システムの説明でテスト文章を打ちましょうと
テキストエリアに文字を入力しようとしたとき入力出来なかった。
おかげで微妙な空気になってしまった。

いまはそうなるということがわかったので客先でのOS再起動は避けているし
OS再起動後は何処かで試し打ちをしてから入力するようにした。

こういうデメリットはあるが予測変換機能は非常にありがたい。
IMEでも最新版の無料ダウンロードはやって欲しいところ。
そうしたらまたIMEに乗り換えるのになぁ