PHPlistとはメールマガジンやメールでの告知が出来るシステムだ。
IT業界っぽく言うとメール一斉配信システム。
わざわざ、どこかのメーリングリストサービスやメルマガシステムを使わなくても自分のサーバに御手軽に作れる仕組みである。
ということで、わたしの実験サーバであるさくらインターネットさんのサーバにインストールしてみたので入れ方をメモしておく。
細かい設定や使用方法は他のサイトを参考にしてくださいね。

1.ダウンロード
2.
 設定ファイルを変更
 アップロード
3.ログインしてみる

大まかに書くとこんな感じ。

1.
トップページ – 日本PHPLISTユーザグループ日本語版配布サイト。
部分的に英語だが機能的には影響がないのでこれを使う。

2.
phplist-2.10.4jp\phplist-2.10.4jp\public_html\lists\config\config.php

が設定ファイル。
設定変更が必要だったのは以下の通り。

$database_host
$database_name
$database_user
$database_password

//ドキュメントルートからのパスを指定した
トップページの場所を指定
$pageroot
管理画面の場所を指定
$adminpages

//接続出来るメールサーバの情報
$bounce_mailbox_host
$bounce_mailbox_user
$bounce_mailbox_password

define (“TEST”,1);を
define (“TEST”,0);に変更
0だと送信しない。

次に
phplist-2.10.4jp\public_html\lists\.htaccess

php_flag magic_quotes_gpc on

#php_flag magic_quotes_gpc on
コメントアウト。これをしないと505エラーになってしまう。

修正したらアップロード
次にMySQL上にデータをつくる。

phplist-2.10.4jp\phplist-2.10.4jp\phplist.sql

をPHPMyAdminとかでデータを入れる
完了したらデータを全部サーバにアップロード

3.
http://XXXXXXX/public_html/lists/admin/
が管理画面
ID:admin
パスワード:phplist
でログイン

http://XXXXXXX/public_html/lists/
がトップページ
以上。

ビックリするくらい高機能なメール配信システムだ。
こんなのがオープンソースなんて驚きである。
追記:
どうやら日本語が通らないという情報があった。
DIP Download Area – ダウンロードページ
こちらのサイトさんで日本語対応版を配布しているらしい。
ありがたい限りだ。
後で入れなおしてみよう。