財布であろうが
鞄であろうが
靴であろうが革製品を買う上で注意することがある。

安いものは
あっと言う間に想像以上に変色する
皮の匂いがいつまでたっても取れない。

幾らくらいが安いものかと言うボーダーラインかというと
財布は1万円以上
鞄は2万以上
靴は2万以上だそうな。

経験則らしいがいわれてみればわたしも
5千円以下の革靴を買って玄関が皮の匂いで充満して大変なこととなった。
革製品ほどその価格が後日に響いてくる製品はない。

売り場ではいい色合いでも
触っているうちに、なんでこうなったの?という色合いになる。
それが風合いですと言われたらそれまでだが、風合いを通り越すような変色が起こるのも事実。

安物買いの銭失いにならないようになるべく高いのを買った方が良さそう。