書籍を自炊するという行為が流行っている。

「書籍を自炊? 日本語間違っているんじゃないの?」

と思われるかも知れないがここで言う自炊とは

「紙の書籍を裁断機でカットし、ドキュメントスキャナで電子化すること」

わたしも自炊には非常に興味がある。
先日も技術書実用書をまとめて売りに出した。

自炊についてものすごく綺麗にまとまっているサイトがあったのでご紹介。

誠 Biz.ID:電子書籍「自炊」完全マニュアル:書籍を「裁断→スキャン」して電子書籍端末で読むメリットとデメリット (1/2)

書籍の電子化はメリット・デメリットが有る。
わたしが考えるメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
1.単語検索ができる
2.どこでも持ち運べる
 わたしも持ち運べなくて家に置いてある書籍が多数ある

デメリット
1.なんとなく気分でページを開けてみる。
 以前つけたインデックスを適当に見てみる。
 気分で本棚にある本をとってみるができない。
 電子化でもある程度はできるがなんとなくというアナログ的なものが出来ないと思う。

2.裁断するとゴミの山
 もうその本は売れもしないし人にあげることもできないのはちょっと悲しい。

電子化で一番メリットが有るのは実用書や技術書だろう。
特にリファレンス本関係はメリットがでかい。

購入者特典でデジタルデータもついていますって言うサービスを初めても良いんじゃないのかと思う。