とある筋から聞いた話。
今年は世界恐慌が始まった年だと言われている。
世界恐慌というとブラックマンデーに代表されるように
ある日突然にどこかの国から恐慌が始まるという分かりやすい物というイメージがある。

しかし近年ではじわじわと進んでいくタイプの恐慌も存在する。

今回の恐慌は5年かけて下がり続けるタイプ。

その恐慌(大不況)の原因の一つと成りうるのが米国の国債。
米国国債は事実上破綻しており。

米国の国債をたくさん持っている国というのは中国と日本だ。

国債が破綻すると、この二カ国に多大な損害が生じ完全な恐慌に進む。

という
怖い話を聞いた。

本当かなぁ